穂高連峰縦走 <第四日目>

8月19日、第四日目、早朝。

天気がいいぞ。

朝のテン場_正面は笠ヶ岳

テン場からは槍も見える。

テン場から槍へのビュー

昨日と同様、小屋裏のピークに登り写真を撮ってもらう。

穂高連峰とピエールさん

朝日に照り映える穂高連峰の全貌。一昨日・昨日と本当によく歩いてきた。

獅子鼻より再び、ジャン・奥穂・北穂、手前に長谷川ピークと大キレット、右はるか奥には乗鞍・御岳、北穂の左には前穂の頭も見える

ふと常念岳方面へ目をやると、・・・奥で噴火しとるやないか!!

常念岳の向こう、明らかな噴煙が確認できる

一瞬目を疑うが、これはどう考えても噴火だ。 だがどこの山?・・・白根山??

禍々しい噴火とは裏腹に、山々は最も美しい時を迎えつつある。

山々に朝日が差し込んでくる

はるか南アルプスと、富士の高嶺も見えている

右に富士、左に八ヶ岳

陰影を刻む山々の連なり

雲上の八ヶ岳連峰

それにしてもこの景色は贅沢すぎる。 なんという絶景、なんという素晴らしい時間。 空気は澄みわたっている。

昨日、無理することなくこの南岳小屋で停滞して本当によかった。

AM5:41、出発する。

南岳小屋を発つ

常念方向をもう一度見るが、どう考えても噴火だよなあ・・・ どこの山かわからないが草津白根であればニュースになってるはずだ・・

南岳斜面を登り始める。砂礫の斜面だ。

富士山と南アルプス_染み入るほどに美しい

ありがとう南岳小屋、ありがとう穂高

後でわかったことだが、位置的に南岳から常念の真後ろに見えるのは浅間山(2,568M)だった。 なるほど、ニュースにもならなかった訳だ。四六時中噴火してるのだから。

噴火する浅間山

AM5:52、南岳(標高3,033M)到着。

南岳

再々、南アルプスと富士

穂高よさらば

キレットよ、南岳小屋よ

さらばだ。

目を北に転ずれば、・・・この景色が見たかったのだ。

中岳、大喰岳、そして槍ヶ岳

屏風ノ頭の大岩壁と横尾本谷右股のカール

AM6:06、南岳を出発し尾根を進む。

南岳を後にする

前穂北尾根と南アルプス、富士山も見納めだろう

南岳からは常念岳が本当によく見える

槍ヶ岳と4年前歩いた後立山連峰

中央右が非対称山容でよく知られる白馬岳

槍ヶ岳_望遠で撮ると左肩に建つ山荘もよく見える

険しさが際立つ3000M峰三座が連なる。

中岳(3,084)・大喰岳(3,101)・槍ヶ岳(3,180)

昨日の雨で朝の空気は澄み渡り、はるか遠くまで見通すことができる。

ふり返れば乗鞍岳(3,027)と奥に御岳(3,067)

槍ヶ岳へと続く尾根

尾根を進む青いウェアの登山者

典型的な氷河地形_数万年かけて削り取られたU字谷

斑な朝日を映す笠ヶ岳(2,898)、左遠方にあれは白山(石川県、2,702)か

南岳(3,033)を振り返る_左上に山頂標識

左に前穂高岳(3,090)、中央に北穂高岳(3,106)

長大な後立山連峰を遠望す
上写真中央奥が白馬岳(2,932)。右は鹿島槍ヶ岳(2,889)。手前の尾根上に「ヒュッテ大槍(2875)」の赤い屋根が見える。 中間レイヤの尖った山容は針ノ木岳(2,821)だろうか・・

槍ヶ岳(3,180M)と槍ヶ岳山荘

AM6:28、天狗原分岐(標高約2,970)。

天狗原分岐

本日は最終日。

まだ朝の6時半。このまま尾根伝いに槍ヶ岳へ向かい、穂先に登ってから下山することもできる。 だがここから分岐し、天狗原経由で帰ることにする。槍は次にとっておこう。 そうすることは昨日南岳小屋から夕映えの山々を見渡したころには決めていた。 むしろこの下の天狗池で「逆さ槍」を写真に収められないものか。 澄み渡る空気と晴天。風もない。これ以上のコンディションがあろうか。

穂高連峰と南岳を背に記念撮影。分岐標識にかける白軍手がカクイ。

ピエールか、ピグモン

岩塊群を左へ下降すれは天狗原の氷河公園だ

AM6:30、分岐を出て下降を開始する。

横尾尾根の最頂部を下る。

取り付きは鎖場もある結構急な岩下り

急斜面越しに槍が徐々に上の方に見えるようになる

尾根の右側、黄金平というらしいが

降りてきて振り返る

屏風岩の巨大岩壁

AM7:08、横尾尾根のコル(約2,700)に到着。 長い下りに気温も上がってきて小休止。だいぶ疲れた。

コルには大岩が鎮座する

モレーンなどが見られる典型的な氷河地形

氷河地形では巨大な重量の氷塊が山肌を削り取った後に、大量の岩屑(がんそう)をヒダ状に堆積させる。これを”モレーン”と呼んでいる。

槍を見上げる

左に大喰岳(3,101)、中央の肩に「槍ヶ岳山荘(2,990M)」。右下には「殺生ヒュッテ(2,865)」も見える。 (なぜ「殺生」??) そして2つの山荘間の高低差を見ればえげつない斜度であることがわかる。

正三角形だ

モレーン地帯を下ってゆく。 奥は表銀座の山々だ。

標高が下がり低木が増えてくる

木々の間に見上げる槍ヶ岳
槍沢を下る登山道がジグザグに見える。一方右から延びる尾根上にも登山道(喜作新道)はある。

足元には様々な草や花が。早朝の水滴が残る。

チングルマの綿毛

だいぶ下ってくると、ようやく岩屑帯の中に天狗池が小さく見えてくる。

下方に天狗池

氷河の後退でモレーンとの間に水がたまったものが氷河湖であるそうだが、この池も氷河湖であろうか。

AM7:37、天狗池到着。標高およそ2,510Mだ。

みなもにはちゃんと槍がある

逆さ槍

天狗池からの槍ヶ岳見上げ

もはや言葉は見つからない

天狗池と逆さ槍を30分ぐらいは堪能しただろうか。 いつまでも後ろ髪をひかれる思いで(なんならここでもう一泊しようかとも)、池を発つことに。

天狗池を後にする_宝石のような場所だ

ここから20Mほど登り返しがある。これもモレーンの高まり部分だろうか。 一人、下ってくる登山者とすれ違う。

「先ほどその先で子熊をみました。十分注意してください。」

!!!!!!!!

子熊が一人でいるわけがない。母熊がいるに決まっている。 これはまずい。まずいよね。

慌てて付け忘れていた熊鈴を取り出す。こんなものが役に立つのだろうか。 悪いことに登り返した後は槍沢に向かって下りになるのだが、100Mほどの樹林帯を通過する。

この樹林帯を抜けなければ槍沢に合流できない

こんな薮の中で出合い頭にクマと遭遇すれば命はない。 大声を出しながら進む。

こんな赤い実を熊は食べるのだろうか

開けたところに出る

樹林帯を抜ける。上方の草むらに親子はいるのだろうか・・・

上方には叢が続いている

中岳(上方左)と大喰岳(上方右)の間の凹地は岩礫と草と低木に覆われている

ツバメ岩の巨大岩壁が聳える。

ツバメ岩_緑・グレー・ブルー

岩の先端部から水がほとばしり出ている。

槍沢の最初のほとばしり

槍ヶ岳よ、必ず来るからな

中岳東岩壁

迫力のツバメ岩

クマに食われずに天狗原分岐に到着。余裕のAM8:31。

天狗原分岐

槍ヶ岳からの下山ルートと合流し、あとは上高地まで降りるだけだ。 登山者の数も格段に増えてくる。 天狗池を経由してきてよかった、本当に。

槍沢を下り始める

分岐からものすごいスピードで駆け下りて来て、大曲にはAM8:54到着。

槍沢大曲_水俣乗越にはここから上がる

大曲とババ平の中間地点に下写真のような水場(槍沢にそそぐ枝沢)がある。 午前9時を過ぎ、高度も下ったせいか気温が急上昇する。

ピエールさんは下りのスペシャリストだ。 次々に他の登山者を抜き去り駆け抜けてゆくが、その分体温も上がり汗の量も増えてくる。

ババ平手前の水場

上写真のような子沢・孫沢が上高地まで適当な間隔で現れてくれるので、 存分に水を飲み、タオルを浸し、終いには帽子ごと沢水に漬けてかぶる。 水場の度にくつろいでいるからそんな時間短縮にはならないが、構うものか。 上高地までは余裕だ。あせって急ぐ必要もない。

ババ平キャンプ場(AM9:18)

槍沢の流れ_川幅もだいぶ広がってきた

川のすぐそばを通る気持ちのよい道

冷たく清冽な流れだ

二ノ股、一ノ股と過ぎると槍沢は梓川となる

随所にブループールが_服のまま飛び込みたい

道中に出会う枝沢の水も本当に清らかだ

横尾には午前11時到着。ここでも時間をとって休むことにした。

横尾(看板の向こうは屏風岩の断面が見えている)

気温は高くなり蒸すような感じだ。下界が近づいている。

徳澤園には12時過ぎに到着。ソフトクリームをいただくことに。 なんでこんな美味いのか。これはもう山小屋で提供されるレベルではない(徳澤園は車では来られないホテルだった)。

徳澤園

上高地までの間、ところどころにこうした池がある

明神を越え上高地に近づく_梓川梓川らしくなってきた

梓川に並行してこのような流れがあちらこちらに_水が豊かだ

PM14:17、小梨平キャンプ場の入り口に到着。 ここはもう上高地の一部だ。

小梨平に到着

歩ききったぞ!

小梨平の「小梨の湯」で汗を流してからバスターミナルへ向かう。 そこからアルピコ交通のバスと鉄道で新島々~松本まで。そして東京へ帰ることになる。

小梨平から上高地バスターミナル間にも美しい流れの数々が見られる。

ああ、癒される・・

河童橋近くにもこんな場所が

水草の緑に心も洗われる

旅の終わり

<エピローグ>

なんという充実した山行であったろうか。 西穂~奥穂間ではあまりにえげつない岩場下降の連続にもどしそうになった。 しかも午後には最も危険なジャンダルム・ロバ耳周辺で土砂降りに会う。 奥穂から大キレットも同様に、ただの一瞬も気の抜くことができない上り下りの緊張が一日中続く。

ところがどうだ、そのあとの絶景は。氷河の後に残る宝石のような池は。梓川の清冽な流れは。 ある意味命のかかった山行の緊張感もみなサラサラと流してしまい、楽しかったことだけが次々と思い出されるばかりだ。 しばしこの感動に浸っていても誰も文句は言うまい。 生きて帰って来たぞ。

<天狗原~槍沢の花々>

穂高連峰の稿、了。